トリートメントとコンディショナーの違いついて

CONTACT RESERVE

トリートメントとコンディショナーの違いついて

トリートメントとコンディショナーの違いついて

2021/10/09

髪が痛んでいるときに、トリートメントやコンディショナーを使うことがあります。
しかし、その二つの違いってどんなものか知っていますか?
普段何けなく使っているトリートメントとコンディショナーの違いについて紹介します。

トリートメントとコンディショナーの違い

どちらも髪を綺麗に導いてくれるものですが、本質はどんなものなのでしょうか。

トリートメントとは?

トリートメントは、髪の毛の内部を補修してくれるものです。
普段様々な要因で傷んでしまった髪のキューティクルは、水分やたんぱく質が流れ出しています。
その成分を補ってくれるのがトリートメントです。
トリートメントは、髪に塗り少し時間を置いてから洗い流すものが多くあります。

コンディショナーとは?

コンディショナーは、絡みやすい髪をコーティングしキューティクルを保護するものです。
コンディショナーは酸性なので、アルカリ性になって傷んでしまった髪を整えてくれます。

トリートメントとコンディショナーは一緒に付けても良い?

上記した通り、トリートメントは髪の補修をしてくれます。
なので、トリートメントで水分や潤いを補給し、トリートメントで閉じ込めるという順番で使うと更に効果が高まります。

しっかりと髪に潤いを与えるならサロンへ

おうちでケアすることも大切ですが、サロンでトリートメントを行ってもらえば髪のダメージに合わせた施術が行えます。
痛みが気になる場合は、プロに相談することも一つの手段です。

まとめ

トリートメントとコンディショナーは、髪の毛に与える効果が違います。
ダメージが気になる時にはトリートメントを使い、指通りを滑らかにしたい時にはコンディショナーがおすすめです。
自分の髪に合ったケアを行いましょう。

当店でご利用いただける電子決済のご案内

下記よりお選びいただけます。