正しいタオルドライのやり方

正しいタオルドライのやり方

2021/09/13

タオルドライにも正しいやり方があるのをご存じでしょうか?
やり方によっては、髪の毛を傷めてしまう原因になってしまいます。
今回は、正しいタオルドライのやり方についてご紹介していきたいと思います。

正しいタオルドライのやり方

①髪の毛の水分を軽くしぼってから、頭全体を乾いたタオルで包み込んで頭皮と髪の根元の水分から押さえるようにしっかり取ります。

②根元→中間→毛先とタオルで髪の毛を挟んで水分を吸収していきます。
この時、タオルで強く絞ったりゴシゴシと激しくこすらないように注意しましょう。
髪の量が多い人はタオルで挟んだ髪の毛をポンポンとたたくようにして水分を取っていきましょう。

③全体的に水分が取れたと思ったら、髪の毛をクシで梳かし水滴が出なければドライヤーを使って乾かしていきましょう。

タオルドライの必要性

タオルドライをしないでいきなりドライヤーで乾かそうと思ってもなかなか乾きません。
タオルドライで水分を取っておくことは、ドライヤーの熱を長い時間当てなくて済み、髪を熱から守ってくれるためにも重要な役割を
果たしてくれます。

タオルドライでは力加減が重要

濡れた髪の毛をタオルで乾かすのに、タオルと髪の毛の摩擦が生じます。
力加減が強ければ強いほど、タオルと髪の毛の摩擦が大きくなってしまい髪へのダメージの原因になってしまいます。

髪の毛は濡れている時が一番弱く、髪の一番外側のキューティクルも開いた状態になります。
摩擦は開いたキューティクルを破損させ剥がしたり、髪の毛を絡ませる原因にもなってしまいます。
摩擦を軽減して、素敵な美髪を目指しましょう。

まとめ

美しい髪を目指せるヘッドスパやトリートメントも行っており、ダメージケアもお任せいただけます。
スコープと手を用いて頭皮環境や髪の毛の状態をチェックし、健康な髪の毛を育てる土台づくりをしてまいります。
MARQ hairこだわりの施術を受けて、心身共にリフレッシュしませんか。